足立区、荒川区、墨田区、葛飾区、台東区、文京区、板橋区、練馬区、江東区、北区、
その他の地域のデイサービスセンター

お問い合わせはこちらから

ご利用の流れ

ご利用の流れ

  • Step 1 相談・申請
    介護保険の相談申請は、各区市町村の介護保険の窓口で受け付けています。
    ご相談頂ければご支援します。
  • Step 2 認定調査
    区市町村から派遣された調査員が家庭等を訪問し、本人の心身の状態について聞き取り調査を行います。
  • Step 3 審査
    調査結果をもとに、コンピューターによる「一次判定」を行います。
    「一次判定」の結果や「主治医の意見書」をもとにその人にどのくらいの介護が必要かを保健、医療、福祉の各専門かで構成される「要介護認定審査会」で審査します。
    ※主治医の意見書は区市町村が直接依頼して提出してもらいます。主治医がいない場合は、申請前に申請窓口に相談して下さい。
  • Step 4 要介護認定
    「介護認定審査会」の判定に基づき区市町村が認定します。
    認定通知は原則として郵送で本人に通知されます。
    要介護度は7つの区分に別れ、必要な介護サービスの量をきめるときの基準となります。
    要介護認定の区分は、7区分(要支援1・2、要介護1~5)です。

    ※自立(非該当)と判定された場合は、介護保険のサーピスを利用できません。
    申請をしてからここまでで 
    約1ヶ月かかります。
  • Step 5 ケアプラン
    認定結果が届いたら居宅介護支援事業所のケアマネージャーさんに担当を依頼します。
    居宅介護支援事業所には、介護の専門知識を持った介護支援専門員(ケアマネージヤー)が所属しています。
    ケアマネージヤーと相談しながら、どの事業者からどの程度のサービスを受けるかについて具体的な、介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
    なお、要介護度ごとに1割の自己負担で利用できる介護サービスの限度額が決まっています。限度額を超えた分は全額自己負担となりますのでご注意下さい。

    要支援1・2と認定された方は

    地域包括支援センターに利用申し込みを行って事業者と契約を結びます。

     >>区市町村の地域包括支援センター

    要介護1から5と認定された方は

    居宅サービス計画(ケアプラン)を作成するために居宅介護支援事業者を選びます。事業者と契約を結んだら、「居宅サービス計画作成依頼届出書」を区市町村に提出します。施設に入所する場合は、届出書は必要ありません。

     >>地域の居宅介護支援事業者

  • Step 6 サービス開始

    実際にサービスを利用できます。
    サービス費用の1割或いは2割を負担します。それぞれの事業者にお支払い下さい。

    • *事業者は利用者が自由に選択することができます。
    • *介護保険では苦情対応の窓口があります。
PAGE TOP